ホーム
ZOOMSJAPAN
お問い合わせ
CP+事務局
TEL 03-6741-4015
FAX 03-6741-4016
出展社の方はこちらから
biz@cpplus.jp
プレスの方はこちらから
press@cpplus.jp
一般の方はこちらから
info@cpplus.jp

写真展・展示・イベント

フォト・ヨコハマプレゼンツPHOTO LOUNGE 特別編

2/27(土)
17:00~19:00
無料事前登録制
場所ベイブリッジカフェテリア(会議センター6F)
定員150名
詳しくはPHOTO LOUNGEオフィシャルサイトへ!
http://www.shutter-mag.com/lounge.html
司会水谷充、山田敦士
日本に写真作品のスライドショーを定着させた実験的フォトLIVE、フォトグラファーズ・サミットの姉妹イベント、PHOTO LOUNGEの特別編がCP+で開催! 渋谷で100名近くを動員する話題のイベントからレギュラーメンバーが飛び出し、作品をプレゼンテーションします。ポートフォリオやzineのコーナーでは最先端の写真表現に触れられます。

フォト・ヨコハマプレゼンツOpen Show CP+2016

2/27(土)
14:00~16:30
無料事前登録制
場所横浜美術館 レクチャーホール
定員240名
※車いす席は数に限りがございます。お手数をお掛けしますが、
ご希望の方はCP+事務局までEメール(info@cpplus.jp)でご連絡ください。
詳しくはOpen Showオフィシャルサイトへ!
OPEN SHOW
http://openshow.org/
出演齋藤 陽道(写真家)/片山 真理(美術家)
モデレーター天野太郎(横浜市民ギャラリーあざみ野 主席学芸員)
2009年にサンフランシスコで始まったOpen Show は、誰でも参加しやすく高いレベルの作品に触れ、学ぶ機会を提供する写真のスライドショーイベント。現在世界17ヶ国30都市で開催され、ネットワークが広がっています。今回は、CP+2016にて特別開催いたします。

出演

齋藤 陽道
齋藤 陽道(写真家)

テーマ 「障害があるからではない、生存充実感こそが写真になる」

片山 真理
片山 真理(美術家)

テーマ 「私はあなたになりたい」

個人が沢山の人格を持って生きている現代と、私が行ってきた手法を重ねた作品をここ数年作っています。

国立天文台特別企画特別講演:30m望遠鏡TMTで見る宇宙

2/28(日)
13:30~15:00
無料事前登録制
場所会議センター 301〜302
定員400名
講師家 正則(国立天文台名誉教授)
国立天文台はハワイ島マウナケア山頂に8mすばる望遠鏡に続き、口径30mの次世代超大型望遠鏡TMTの建設を国際協力科学事業として進めています。空気のゆらぎによる像のボケを実時間制御で解消する補償光学技術を搭載した究極のカメラTMTの構造と性能を紹介し、TMTが映し出す宇宙像から現代天文学が何を解明しようとしているのかについて、画像を用いてわかりやすくお話しします。

講師

家 正則
家 正則(国立天文台名誉教授)

 国立天文台名誉教授。TMT国際天文台評議員会副議長および日本代表、2016年エジンバラSPIE国際光光学会シンポジウム組織委員長。すばる望遠鏡計画科学者としてすばる望遠鏡を建設し、レーザーガイド補償光学装置を開発。2006年にはすばる望遠鏡を用いて、129億光年かなたの銀河を発見、世界記録を達成。仁科記念賞、東レ科学技術賞、紫綬褒章、日本学士院賞などを受賞。

国立天文台 特別展示 

2/25(木)~28(日)
場所展示ホール内
国立天文台
望遠鏡及びドームの1/150スケール模型
望遠鏡及びドームの1/150スケール模型
Ⓒ国立天文台

JPS(公益社団法人日本写真家協会)肖像権 こんなときどうする

2/27(土)
13:30~15:30
無料事前登録制
場所会議センター 301〜302 ※会場を311〜312から301〜302へ変更しました。
定員400名
講師松本 徳彦(公益社団法人日本写真家協会副会長)
街で撮影していて気になるのが「肖像権」のことです。さまざまな状況のもとで、人物を写すとき、許諾をどのようにしてとるか。発表する、コンテストに応募する、WEBページに掲載するには、どんなことに気をつけなくてはならないかを、Q&Aで解説します。
 

講師

松本 徳彦
松本 徳彦(公益社団法人日本写真家協会副会長)

特別展示知っていますか―「ヒロシマ・ナガサキの原子爆弾」

2/25(木)〜28(日)
場所みなとみらいギャラリー
1945年8月、広島・長崎に原子爆弾が投下され、一瞬で数十万人が被爆しました。被爆直後を撮影した松重美人、山端庸介らの写真60点で構成し、「原爆とは何か」「原子雲の下でどんなことが起こっていたのか」をご覧いただきます。その他ギャラリーBでは、「小学生がとらえた―わたしが見つけた世界」展、 ギャラリーCでは、「日本写真保存センターの活動」を紹介します。
長崎・乳を飲ます母親・山端庸介撮影
長崎・乳を飲ます母親
山端庸介撮影
 

日本写真館協会/日本写真文化協会気軽なファミリー写真館

2/25(木)~28(日)
有料 事前予約制
若干数当日受付予定
場所展示ホール内
参加費1,000円(税込)
最近、家族写真を撮りましたか?プロの写真家、そして写真館ならではのクオリティをCP+会場内特設スタジオで再現します。気取らず、着飾らず、普段着の家族の肖像、家族の笑顔を残してみませんか?

日本カメラ博物館メカニズムからみるカメラの歴史

2/25(木)~28(日)
場所展示ホール内
カメラの中はどうなってるの?カメラはどのように発展してきたの?興味はあるけど難しそう…そんな疑問に答えます。今回は、カメラ内部が見えるカットモデルや分解モデル、レンズ、シャッターなどを展示し、その仕組みについて歴史を追って解説します。また、いろいろな種類のカメラを型式別に展示し、カメラの多彩さや奥深さを伝えます。

北海道「写真の町」ひがしかわ町『写真甲子園』

2/25(木)~28(日)
場所展示ホール2Fコンコース
全国の高校生カメラマンたちが北の大地・北海道で腕を競い合う「写真甲子園」。今年22回目を迎え、514校の応募の中から初戦審査会及びブロック別公開審査会を突破した代表18校54人がチームワークで作品づくりに挑みました。その中から選ばれた優秀賞作品展示をご覧いただけます。

フォト・ヨコハマ写真のチカラ スタンプラリー

2/25(木)~28(日)
みなとみらい地区を中心に主要なイベントを回遊するスタンプラリーをCP+の会期中、4日間限定で
実施!

その他、写真や映像に関する様々なイベントを横浜市内各所にて開催!
詳細は、フォト・ヨコハマの公式サイトでご確認ください。

※敬称略
※全てのイベント内容は、都合により変更させていただく場合がございます。

Copyright© 一般社団法人カメラ映像機器工業会 All rights reserved.